スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
目指せ笠ヶ岳
カテゴリ:
新穂高

ヤマを愛する皆様、この夏どこの山へ行かれましたか?
ワタクシ長次郎はどの山をおいてもこの山を・・。

目指せ笠ヶ岳!
8日の土曜日、新穂高の駐車場にクルマを置いて(あれは放置ですね・・笑)、いざ出発!




笠新道入口

林道を1時間半ほど歩いて、笠新道の入口です。
ここで水を補充しますが・・。

笠新道

急斜面に刻まれたジグザグの道は、同僚他、各方面から「心を折る、激しい急坂」とさんざんな前評判を聞いていました。

しかし、イメージほどのインパクトはありません。
むしろ、延々と続く道に水場のないことのほうが、先々の不安要素でした。

笹の葉

用意した水は2.5リットル。
少しでも持たせるため、笹の葉にたまった雨水を舐めてでも・・。

杓子平

杓子平に出て、ようやく沢の音が聞こえてきましたが・・。
道とはかなり遠く、水の残りすでに250ミリリットル・・。

水場

雪渓からしみ出す水を期せずして発見。
ノドを潤し、ようやく生き返りました!

水は命。日本は資源の乏しい国?
答えは否!です。

稜線2

ようやく、稜線に出ましたが・・。
水不足からか、左股関節に痛みが出て足が前に出ません・・。

笠ヶ岳山荘

山頂は今日はあきらめ、山小屋に入るのがやっとでした。
余談ですが、キャンプというのは手段としてはかえってリスクが高いと判断し、持ってきたのはレトルト食品、燃料、ツエルト、簡易寝袋のみ、です。

使わずに済むなら、絶対に使いたくないアイテムです。

乾杯!

それでもビールは避けて通れません(笑)
続く・・。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
編集 / 2009.08.13 / コメント: 0 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

長次郎 

Author:長次郎 
山頂から、広い裾野をいろいろと。 オートバイ日本一周、温泉トレッカー、オートキャンプ。 日本百名山、新田次郎、展望半日スキー、ご当地グルメ。 ValentinoRossi、ホンダSL230、モンキー、スマートDio、N-BOX。 ライスシャワー。 1967生の男子です。

最新トラックバック
FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
    ↑↑山のブログ村はこちらをクリック!
FC2ブログランキング
検索フォーム
タイドグラフ
天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。