スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
光岳 下山路
カテゴリ:
山

こんな時間ですが、下山にかかります。
ナイトハイクの経験はあっても、小屋に泊まるかどうかは最後まで判断に迷った。




山2

雷鳴は聞こえない。

山3

笑っちゃうけど、これが山の中最後の写真。
雨だし、暗くなりつつあるし・・。

易老岳を明るいうちに通過、三角点で19時前後。
そして真っ暗に。

わかってはいたが、これほどまでに暗いのか?
ヘッドランプは仕様の異なる2個を持ってきて、使いやすい方をチョイス。

テント場や山小屋だけで使うヘッドランプはなんでもいい。
が、下山時に使う場合は着地のショックで角度が変わってしまう物もある。

そして、面平の手前の倒木地帯でまさかの道ロスト。
慌てるな・・。

冷静に登り返し、リボンを確認。
なんてことはない、倒木をくぐるが正解だった。

慎重に、慎重に下る。
雨がやんで、カッパを脱ぐ。

ふと靴を照らすとヤマビルに襲いかかられていたり。
ここでは腰を下ろして休憩もありえないのか・・。

ロストの恐怖との長い戦いも、赤く照らされた吊り橋を確認してようやく終わった。

山4

21時47分、帰着。
ナイトハイク、全くお勧めできない。

山5

おつかれ~。
林道はこの時間通行止めなので、このまま車中泊です。

山7

翌朝。遠山郷から稜線を眺める。
ホント、時間と天気を気にせずまた来たい。

山8

本当なら駒ヶ根で・・と思いますが、駒ヶ岳SAでソースかつ丼をいただきます♪

山9

風呂も諏訪のSA(笑)
下をうろうろ探すより楽で簡単♪

山11

諏訪湖を眺めながら♪

山10

日曜の昼間は誰もいません。
ただでさえ暑いですから(笑)

山6

そして、これが光岳のバッジ。
この材質と手書きのデザイン、唯一と思われます。

どっちを暖簾に付けようかな?

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 秘湯・野湯へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
編集 / 2013.07.24 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

長次郎 

Author:長次郎 
山頂から、広い裾野をいろいろと。 オートバイ日本一周、温泉トレッカー、オートキャンプ。 日本百名山、新田次郎、展望半日スキー、ご当地グルメ。 ValentinoRossi、ホンダSL230、モンキー、スマートDio、N-BOX。 ライスシャワー。 1967生の男子です。

最新トラックバック
FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
    ↑↑山のブログ村はこちらをクリック!
FC2ブログランキング
検索フォーム
タイドグラフ
天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。