スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
光岳
カテゴリ:
山

日本百名山の旅も、残り6座。
あと残っているのは本当に行きにくい山ばかり。

今回は、登山口に行くまでが情報収集と時間との戦いである光岳。
去年は通行することすらできなかった易老渡への林道ですが・・。

夜間通行止め。
そして、チェーンに南京錠と、厳格に通行規制されています。

金曜日の夕方、通行可能時間帯に到着できず、ここで車中泊です。
こと光岳に限っては思うこと多々あり、文章が長くなると思います。

そして、ひたすらストイックに歩いたために、写真がほとんどありません。




山2

到着した時点で自分を含めて2台だけだった車も、夜が明けてみればこのありさま。
富士山が世界遺産になっても、百名山の人気はやはりすごい。

自分としては、光岳小屋が営業している期間に登らなければ、バッジを入手できないのでこの時期に来るしかない。

開通を待つ間、数人の同志と話しをしたが、8時半の開通では思ったような山行ができないので帰ると言う方もいた。

8時半開通。私はその情報を前提に数通りのプランをイメージしていたが、この時点ですでに全ては決まっている。
ちなみに、真ん中の青シャツは警察官だ。

山3

林道が開通しても、駐車場の場所取りも熾烈を極める。
もう中にスペースはないと判断、路肩に駐車。

山4

こんな時間から登るなんて非常識だよ。
だけど、非常識には非常識なプランをチョイス。

ライト&ファストに徹するも、リスクに対する装備を厚く。
上で泊まらない日帰りだと、帰路はナイトハイクだ。

上で泊まりたくない理由はいくつかある。
すでに予約されてる人数がキャパを超えている、テント場のスペースがそれほど広くない、水場が遠かったり枯れてることもある・・などだ。

山5

足の速さに自信はないけど、とりあえず一歩を踏み出そう。
話しはそれからだ。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
編集 / 2013.07.17 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

長次郎 

Author:長次郎 
山頂から、広い裾野をいろいろと。 オートバイ日本一周、温泉トレッカー、オートキャンプ。 日本百名山、新田次郎、展望半日スキー、ご当地グルメ。 ValentinoRossi、ホンダSL230、モンキー、スマートDio、N-BOX。 ライスシャワー。 1967生の男子です。

最新トラックバック
FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
    ↑↑山のブログ村はこちらをクリック!
FC2ブログランキング
検索フォーム
タイドグラフ
天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。