スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
富士山とは?
カテゴリ:
山

人それぞれ、いろんな意味で想いを抱く山、富士山。
見る山だと言い切り、議論にならない人もいれば、一合目はもとより、田子の浦の海抜ゼロから登る人もいる。

いいでしょう。
人それぞれ。

今回、山形の地元をベースに活躍する登山ガイド、佐藤佑人君(文中では親しみを込めて、ゆうと君と書く)が、「所用で東京に行くので、ついでにちゃちゃっと富士山に登ろうと思います!」という一報を入れてきた。

「へー、いつ登るの?休みが合えばガイドしてあげるよ?」
と、冗談半分でカレンダーを見ると「休みだし・笑」

ということで、トントン拍子にコトが運んだのでありました。




あと千

高速のパーキングでゆうと君と合流し、五合目へ。
だけど、ちょっと下がったところの方が空いてるし、静かなので、ここで仮眠を取ることにします。

しかしね、この標識、サブで同じこと書く意味はなんでしょ?
それはさておき。

ゆうと君はこれまでキリマンジャロやマッターホルンなど、海外の高峰にも登頂してきたホンモノの山屋。
が、「富士山はまだなんですよ。フツーは富士山登ってからですよね。えへへ」

なので、ガイドするっていっても何を指摘されるかドキドキなんです。おかしな気分です。
でも、「今度登るときはこうしよう」という計画をそのまま持ち込み、楽しんでもらえる自信はある。

車

ここで表題のテーマに戻るんだけど、ゆうと君は「(富士山に)登らないバカは明日で終わり!」とつぶやいた。
そうそう、人それぞれ。

それでいい。
そして、二度登ったバカと、どんな山旅になるのか、自分でもわくわくしながら眠りにつくのでありました。

【続く】

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
編集 / 2011.07.24 / コメント: 6 / トラックバック: 0 / PageTop↑
コメント
 
Title
 
 
 
 
 
 
Secret 


Pagetop↑
トラックバック
Pagetop↑
プロフィール

長次郎 

Author:長次郎 
山頂から、広い裾野をいろいろと。 オートバイ日本一周、温泉トレッカー、オートキャンプ。 日本百名山、新田次郎、展望半日スキー、ご当地グルメ。 ValentinoRossi、ホンダSL230、モンキー、スマートDio、N-BOX。 ライスシャワー。 1967生の男子です。

最新トラックバック
FC2カウンター
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
    ↑↑山のブログ村はこちらをクリック!
FC2ブログランキング
検索フォーム
タイドグラフ
天気予報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。